陶芸に関する情報が満載!

磁器の心

全国に広がる陶芸・窯元めぐり

以前から陶芸は、中高年が楽しむものとされていましたが、近年、20~30代の若い女性でも、趣味で始める人が増えています。
その理由としては、初心者でも始めやすいことや、気軽に芸術家気分が味わえること、時間を忘れて没頭できることなどにあるのかもしれません。
また、日本各地にその土地ならではの焼物があり、それぞれの文様や、採取される土にも独自性がある点が魅力となっています。
そう言った日本各地の窯元を訪ね、実際に陶芸を体験したり、工房やギャラリーを見学するなどの窯元めぐりが 、近年人気となっています。
数ある工房の中から1件に絞り、陶芸体験で世界に一つだけの器を製作したり、窯元がある街並みを散策するなど、実際に陶芸に見て触れて楽しむと言うものです。
以前は近寄りがたかった陶芸工房ですが、現在は、日本全国に窯元めぐりが広がっていて、老若男女問わず、多くの人が訪れています。
また、地元ガイドによる案内サービスも行われています。

陶芸を始めるなら近場の窯元に通うべし

居住地から遠いけれども世間的に評価が高い窯元に通うことによって陶芸の腕を向上させることが期待できる一方、大きな問題に対処する必要性に駆られます。
窯元までの距離が遠ければ、陶芸に費やすことができるエネルギーを確保することが容易ではなくなることです。
陶芸の作業は座る時間が多いので体力の消耗が激しくないように見られがちですが、実は多大なエネルギーを消費することにつながります。
ですから、移動時間を短くして陶芸に専念できるようにしなければなりません。
創造的な趣味を始めようと考えるのであれば、最大限に集中できる環境を整える必要があります。
そうしなければ、いつまで経っても納得できる作品を生み出すことが難しいままになります。
窯元が遠い場合には、長時間におよぶ移動によって体力が削がれて陶芸に対する集中力が切れてしまうことが考えられます。
趣味の範疇であれば、窯元の名を冠している場所であれば作業者の意気込み次第で成長することはできます。

注目サイト

信州伊那自動車教習所の雰囲気が覗けます

2019/1/7 更新

▲ページトップ