陶芸に関する情報が満載!

磁器の心

自宅のオーブンでできる陶芸

人気の趣味、習い事のひとつに陶芸があります。
陶芸女子という言葉もできるほど、女性にもたいへん人気です。
各地で体験教室やレッスンが行われており、絵付け体験やろくろ回し体験などで器や小物を作成することができます。
教室に通うことは上達へのひとつの道ですが、仕事や生活の都合で定期的に通うことができない場合があります。
そのような人でも、自宅で実施ができるというのがオーブン陶芸です。
オーブン陶芸に利用される粘度は、通販や画材店で販売されている低温度硬化型粘度で、160~190度の低温の熱でも焼くことができるものです。
ですから、自宅にあるオーブンを利用して成形したものを焼き、作品を完成させることができます。
完成する作品は本物の陶器のような仕上がりです。
専用の防水コートや耐油コートを塗れば、食器としても利用できます。
自分好みの作品を作ることができ、初心者でも簡単、教室に通う時間がないけれど陶芸を楽しみたい人におすすめです。

オーブン陶芸で気軽に手作り

陶芸というと、なにか仰々しい準備が必要な印象がありますが、実は家庭のオーブンで簡単に作れる方法があり、女性を中心に人気を集めています。
もちろんあまり大きなものはできませんが、オーブンに入るサイズのものであれば、いろいろなものを作ることができます。
オーブン陶芸には、低い温度でも焼成できる専用の土を使用します。
本格的にろくろを使う場合もありますが、ろくろがなくても、手びねりやたたら作りなどのやり方があります。
手びねりはその名の通り、粘土細工をするように土で形を作っていくものです。
誰でも小さな器や皿、箸置き、アクセサリーなどができます。
たたら作りは、平らな板状にした土を用いて作るもので、切ったり貼ったり曲げたりしながら形作っていきます。
こちらも初心者でも、手順を確認しながらやれば、難しいものではありません。
手始めには刺身皿などに挑戦してみたくなる技法です。
粘土自体に色がついているものや、専用の絵付け用着色剤などが売られているので、組み合わせて自分なりのオリジナル作品を作ることが可能です。
オーブン陶芸入門キットも多数でているので、気軽にチャレンジできます。

pickup

沖縄 ダイビング

Last update:2018/9/13

▲ページトップ